医師求人大学病院TOP >> 関東の大学病院の求人 >> 東海大学病院

東海大学病院の医師求人

東海大学病院は1975年に神奈川県伊勢原市に開設し、その後も1983年には付属東京病院を開設し1984年には付属大磯病院を開設しました。また2002年には付属八王子病院とこれまで、その医療活動の拠点を拡げてきました。2005年には新病院棟が竣工し、翌年の2006年1月5日からは新病院棟での外来診療も始まりました。

東海大学病院の許可病床数は、一般病床が804床ですがそのうちICUが70床あります。新病院棟が竣工してからは併設されている高度救命救急センターの、診療機能を活かしさまざま試みが行われてきました。たとえばドクターヘリや世界初の、術中画像診断システム「MRXO(Magnetic Resonance X-ray Operation suit)」の導入などです。

ドクターヘリは最初は1999年10月1日から2001年3月31日まで、厚生省の試験的な試みとして行なれた事業です。だがドクターヘリの運行には年間に1億8,000万円ものの費用が必要で、いったんはドクターヘリの運行は中止になりました。しかし翌年からは神奈川県の事業としてふたたびドクターヘリの運用が始まり、年間におよそ400件の要請に対応しています。

また「MRXO」は高度救命救急センターに設置されている、MRI・CT・アンギオを一列に配置した世界初のシステムです。手術中にMRIや脳血管などの撮影が可能で、「MRXO」はあらゆる手術に対応したシステムだと言われています。さらに画像検査センター内にMRIを6台設置するなど、数多くの最先端の医療機器が揃えられています。

東海大学病院の高度救命救急センターは3次救急医療施設として、県内の湘南や県西部や中央部から隣接する山梨県や静岡県からの救急患者も受け入れています。そのため東海大学病院は重篤状態や急性期の患者の診療に関しては、病床稼働率と平均在院日数も日本で最も短い大学病院です。救急車受入台数も年間の7,000台を超え、救急車の乗入回数と救命率はともに日本一です。

東海大学病院の医師求人ですが東海大学病院のホームページで、初期および後期と歯科医の臨床研修医との募集を行っています。東海大学病院の臨床研修医プログラムは専門分野だけでなく、基本研修・地域医療研修・周産期研修の3つのプログラムに分かれた画期的なものです。

またリクルートドクターズキャリアなどの医師に特化された転職サイトや転職エージェントでも、医師の転職のお手伝いを行っています。これらのサイトやエージェントの特徴は医師に特化されているので、医師の転職情報が豊富で希望されるような求人案件を見つけることができます。

大学病院の転職に強い!医師転職サイト人気ランキング!

  サービス名 対応エリア 運営会社 オススメ度 詳細
リクルート
ドクターズキャリア
全国対応 株式会社
リクルートドクターズキャリア
★★★★★ 詳細



>>>大学病院に実績がある医師求人サイトランキング・2位以降を見る

TOP

北海道・東北の大学病院の求人

関東の大学病院の求人

東海・北陸の大学病院の求人

関西の大学病院の求人

九州の大学病院の求人

大学病院の医師転職FAQ


Copyright (C) 2013 - 2018 医師求人大学病院ランキング All Rights Reserved.